ジョジョ読者のブログ

ジョジョの奇妙な冒険の感想、批評、考察を書いています。

ジョジョと特撮

怪獣図解入門とドラえもん、ジョジョ 「データベース」の子ども文化

切通理作氏の著書で「怪獣少年の復讐」という本があり、ときどき読み返している。特撮関係者へのインタビューを一冊の本にまとめたもので、第2期ウルトラシリーズ、1970年代の特撮・子ども文化に興味ある方には、なかなか面白い本である。 同書の4章で…

「絵本」としてのウルトラマンタロウ

(ジョジョに殆ど関係のない話題ですみません。円谷特撮、ウルトラマンタロウを視聴した感想の記事です) ウルトラマンタロウ DVDボックスを購入し、1年近くかけて全53話を視聴した。 ウルトラマンシリーズを視聴するのは「老後の楽しみ」で、各シリーズ…

空想特撮シリーズと、クラフトワーク

ジョジョ5部に登場するカプリ島を、10年ほど前に訪れたことがある。風光明媚で夢のような青空が広がっていたが、(最近 カフェで立ち読みした本によると)カプリ島は同性愛の聖地でもあったらしく、皇帝やお金持ちが愛人を囲みたくなるのも頷けるような、…

ギーガーの「エイリアン」と、ジョジョのスタンドたち

「ブックオブエイリアン(the book of alien)」という本があり、映画「エイリアン」のさまざまなデザイン画、創作の裏話が掲載されている。メビウスによる宇宙服のデザイン画があり、一目で観て分かる素晴らしさですが、最も目を引くのは、H・R・ギーガーに…

純粋芸術の条件

成田亨作品集という本が出ていて、さっそくに買い求めた。成田亨はウルトラマンやゼットンのデザインをした人で、元々は彫刻家、「一個の独立した個人として、純粋芸術を追求し、世に認められること」を求めた人である。アートとデザインの境目は何か?芸術…

ジョジョシリーズとウルトラマンシリーズの類似

ジョジョシリーズとウルトラマンシリーズの類似について。 ジョジョ1部・2部=ウルトラQ 3部=ウルトラマン 4部=ウルトラセブン デッドマンズQ=ウルトラファイト 5部=帰ってきたウルトラマン 6部=ウルトラマンA 7部=ウルトラマンタロウ 8部=ウ…