読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョジョ読者のブログ

ジョジョの奇妙な冒険の感想、批評、考察を書いています。

ジョジョリオン6巻、ウルトラジャンプ最新号、3部のアニメ ネガティブな感想

ジョジョリオン 商売としてのジョジョ

(あまりまとまりのない記事ですが、忘備録として。
また、ネガティブな愚痴を含みますことをお留め置きください)


ジョジョリオン 6巻が発売され、同日にウルトラジャンプ最新号も発売された。
また、3部TVアニメのプロモーション映像が公開され始めている。


ジョジョリオン6巻を読んで、aphex twinのパクリネタが出てきた。
パクリというよりは、あえて(?)上述の顔立ちに似せてあるから、オマージュというべきかもしれない。
しかし、コミック1巻丸々使ってやるほどのネタではないように感じた。
総じて、SBR大統領戦あたりから、1か月ごとの進行が遅くなった。
連載1回(1か月1回の掲載)で、かつての週刊1回分のネタ・テンポでやってる感じだ。

康穂と常秀のトイレシーンは、ギャグとしても寒く、絵柄とセリフが合っていない。
80年代のラブコメを連想するのだが、作者の資質に合ってない気がする。

それよりも6巻を読んで気になるのは、連載1回ごと、エピソード1つごとに、
これまで描写されたスタンド能力が入れ替わり、設定や伏線が微妙に食い違ってすり替わることだ。
「謎解きのミステリー」が8部の主眼と思われるが、
話のつながりが雑なため、読み込む意欲を失ってしまう。
作者が悪い意味で自由奔放に書いている嫌いが感じられ、編集部がチェック・指摘すべきではないかと思う。


ウルトラジャンプ最新号では、夜露の素性が明かされつつある。
岩のような肌質を持った人間であるらしいが、
これは、東方家の呪いの病(皮膚が硬質化する病気)の発展系ではないかと思う。
物語冒頭で触れられた「呪いに負けてしまった」人間が夜露、
東方家や定助は呪いに打ち勝とうともがき戦う立場なのだろう。

個人的には、夜露戦で憲助とのエピソードを消化し、次に常敏、吉良(定助の正体)のエピソードを経て、
あと2~3つくらいのエピソードで、8部はコンパクトに完結するのではないかと予想している。
夜露が出て以降、物語が畳みかかる方向にシフトチェンジした感がある。
8部と4部は同じ杜王町を舞台にした物語だが、8部はどうにも爽快感がなく、読んでてスカッとしない。
何を物語に詰め込みたいのか?が紙面から湧き上がってこず、伝わるものが今一つ少ない。
希望交じりの予想であるが、8部は早めに終わらせて、9部、あるいは別タイトルの作品を楽しみに待ちたい。


3部テレビアニメのプロモーション映像が公開されている。
擬音が付与されたふざけた演出は変わらず。
スタンドが出るとき、煙が湧き上がったり、キラキラ(✨マーク)が瞬くのはカッコ悪いと思う。

キャラクターデザインは原作寄りになったのだが、制作元の演出方針、美学的な価値観が自分には合わない。
OVAのデザインも原作とはかけ離れていたが、映画的な演出がカッコ良く、マンガとは別種の「ジョジョ」として成立していた。
しかし、1~3部のテレビアニメは、自分にとっては無かったことにしておくことになりそうだ。
コブラチームのSFCソフトの方が、自分には好ましい二次作品であった。