読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョジョ読者のブログ

ジョジョの奇妙な冒険の感想、批評、考察を書いています。

ジョジョ3部 タロットのトリビア

ジョジョにまつわる都市伝説で、
ボインゴの予言の書が「9.11テロ」を予告していた?というものがある。

あといくつか、オカルト的な恐ろしい噂があった気がするが思い出せない。
ジョジョ3部の旅のルートが、猿岩石のヒッチハイクと一致していたという事実があったが、
これはオカルトではなく、90年代当時 日本人が政治的に安定した地域を渡り歩こうと考えた時、両者の足取りが重なったのだろう)


1つ、都市伝説っぽいトリビアを発見したので記載しておきます。

ジョジョ3部のスタンドは、当初 タロットカードの大アルカナをモチーフに構想された。

大アルカナのカードは、愚者から世界までで22枚。
作者によれば、スタープラチナとザ・ワールドは初期に構想され、対になるデザインを考えたという。

承太郎ら 6人の主人公とDIOを除くと、残るタロットは15枚。
15人の敵スタンドを、登場順に数えていくと…
死神13が、13盤目に登場したタロットカードになる!


……ただ、それだけです。

ジョジョベラーなどによれば、3部の敵スタンドは、
半魚人、チャイルドプレイ、スライム等等、ホラー映画にアイデアを取りつつ生み出されていったそうである。
死神13は、エルム街の悪夢が元ネタと思われますが、13日の金曜日っぽい名前でもある。

荒木先生はタロット占いができるとかで、
3部製作時 タロットカードを並べながら「今度の敵はどんな能力にしようか…?」と考えていた節もあろうかと思う。
「13番目の大アルカナ・死神が、13番目の敵として現れたら禍々しくて恐ろしい」と、KJ法みたいにカードを並べながら思いついた節が無きにしもあらず。かもしれない…。


また、余談であるが、
ジョジョ3部は当初、タロットカード 22枚分くらいのキャラクターを描けば十分完結できるかという意図で、
タロットカードをモチーフに、スタンド使いを産み出していったそうである。

しかし実際には、連載が好評を得て、スタンドバトルの構想も膨らみ、
エジプト上陸時点で全てのタロットを使い切ってしまった。

そこからエジプト9栄神を登場させ、9番目の9栄神が最後の刺客になるかと思いきや、
最後の刺客はタロットの暗示が無い(連載当時はスタンド名も無かった)ヴァニラアイス、おまけにケニーGまで登場してしまった。

タロットカードからスタンド使いを産み出す初期構想は「破綻」してしまったわけだが、連載当時 個人的には、微塵もおかしなこととは思わなかった。
特に、ヴァニラアイスが出てきたくだりは、ダービー弟以上のさらなる強敵が最後に現れたことで、クライマックスに向けて大いに盛り上がりを見せたと思う。

男塾や北斗の拳など、強引に展開を引き延ばされる劇画を見ていたので、
エジプト9栄神くらいの「引き伸ばし」には動じなかったのかもしれない。

だが、それよりも、漫画をはじめエンターテイメントの生命は「面白いかどうか」であって、
作品世界の初期設定が後に破綻(変化)したり、現実世界と較べ若干辻褄が合わなかったりとかは、実にどうでもいい些末なことだと思う。

読者を楽しませてくれない作品は、ただのインク染みがついた紙の束、液晶モニターに映る光と音の塊でしかなく、
設定や辻褄だけがあってても何の意味も無い。
読者の心に届いて、何かを訴えたり、何かを残してくれる作品こそがエンターテイメントであり、「残る何か」こそが、作品の本質、作品の生命なのだろう。