読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョジョ読者のブログ

ジョジョの奇妙な冒険の感想、批評、考察を書いています。

「謎」と「泣ける」要素 5部~8部

「謎」と「泣ける」要素 5部~8部。

5部からは、人情話ではないが、「泣ける」要素と「謎」要素が意識的に前面に押し出されてきてる感じがするが、個人的には感情移入、設定やファンタジーにのめりこみにくくなった。

初読時の年齢にもよるだろうが、作品個々の、あるいはシリーズ全体のフレッシュさによる所がおそらく大きい。マンネリが続くと、飽きてしまって刺激や感動、興味が薄らいでしまうからだ。

 

5部

 謎 ☆☆☆

ボスが何者か。

泣ける ☆☆☆

ボスを裏切ったギャングたちが、どんな人生、あるいは末路を迎えるのか。

 

6部

 謎 ☆☆

 神父はDIOを復活させるのか、天国とは何か。

ジョリーンをめぐる状況はどんどん破綻していくが、最後 どのような収拾を迎えるのか。

 泣ける ☆☆☆☆

主人公たちが、一周後の世界で再びめぐり合う所。

物語の世界が一旦崩壊し、そして現実(2011年)に戻ってきたところ。1部以来の、サーガ全体の終焉を暗示していた。

 

7部

 謎 ☆☆☆☆☆

キリストの遺体の謎。遺体の奇跡とは何か、作者にとって、あるいは作品世界における「聖なるもの」とは何か。

レースに勝つのは誰か。ジャイロとジョニィ、他のレーサーはどのような決着を迎えるのか

泣ける ☆☆☆☆

 サンドマンとの戦いで、ジョニィが成長するところ。ジャイロとリンゴォの戦い。

大統領との戦いで、ジョニィがジャイロを失い、大統領は大統領のまま死ぬところ。

レースが終わって、ジョニィが成長し、友人の遺体を祖国へ送り返す旅に出るシーン。

 

8部

謎 ☆☆☆☆

 主人公は何者なのか。吉良とジョースターの血が混ざっている意味は、どのような結末を迎えるのか

泣ける ☆☆

(コミックス4巻くらいまでの時点では)主人公が何者なのか、どんな人物なのか見えづらいので感情移入、泣くようにはのめりこみづらい。6部のように、最後 風呂敷を大きく広げてどう展開→収束させるかで、物語の読後感がいっきに変わるような感じがする。